嘉子先生のワンにゃフルライフ

嘉子先生のワンにゃフルライフ

2022.05.19

マダニがわんさか

こんにちは!半袖で過ごせる日が少しずつ増えてきましたね!

暑くなってくると、熱中症、皮膚炎、外耳炎、外部寄生虫などが心配になってきます。

今日はその中でも、外部寄生虫のマダニ🕷のお話。

さて、先週の日曜日、子供たちとハノンと共に、子供の小学校にあるアスレチックに出かけました。

山の中にある学校なので、アスレチックも山の中です。

子供たちもハノンも大はしゃぎで楽しく過ごしました。

ハノンに付いた大量のマダニに気づくまでは・・・。

 

そうなんです。気づくと、ハノンのあらゆるところに、眼をよーく凝らさないと、それがダニだとは分からないほど、小さな小さなマダニが無数に付いています。

その数、50はくだりません。おそらく100匹に限りなく近い。

ノミダニ予防薬をちゃんと投与していても、たくさんいるところに行ってしまうと、毛には付きます。

そこからは校庭でひたすら毛の中に紛れ込んでいるマダニを払って、家に帰っても何度もチェックして、本当にもう、大騒ぎでした。

 

さて、今回のマダニ事件、付いていたのは1㎜程度の幼ダニがほとんど。1.6㎜くらいの若ダニも少し混ざっていました。

卵がかえって幼ダニになり、動物の血を吸って若ダニになり、また血を吸って成ダニになり、また血を吸って卵を産みます。そしてその卵がかえって、を繰り返すわけです。

そうやって、脈々と受け継がれてきているのです。恐ろしいですね。

 

マダニのライフサイクルと犬への寄生

マダニのライフサイクルと犬への寄生イメージ
しかし、恐ろしいことはまだ続きます。そう、極めつけはお風呂の時間。
なんと!私にも2匹付いているではないですか!!
あれ?こんなところにホクロあったかな?いえいえ、それがマダニです。
マダニに咬まれると、SFTSというウイルスや日本紅斑熱、ライム病などに感染するおそれがあります。よかった!気づいたのが咬まれる前で・・・。
皆様、これからの季節、山の中や草むらに入られる際には、犬も人も、どうぞ、マダニ対策を万全にして臨んでください!
人は長袖長ズボン(色の薄い服装がおすすめです)、虫よけスプレー、あと犬の毛に付いたマダニを取るにはガムテープがあると便利ですよ。
もちろん、犬が咬まれてしまわないように、ノミダニ予防薬の投与も忘れずにしてあげてくださいね!

 

ワンにゃフルライフワンにゃフルライフ一覧

2024.07.13
運命の病気
2024.05.23
45兆
2023.12.07
誰か助けて!
2023.08.31
夏休みの通信簿
2023.08.10
境界線
最近の記事オススメ記事
PAGETOP