掲載日:2018/10/25

いつもの味。


こんにちは!獣医師の横井(嘉)です。

診察中に飼い主様からたまに
「犬(もしくはネコ)って、いつも同じものばかり食べていて飽きませんか?」
という質問を受けます。
確かに、人の場合、たとえ大好きなものであったとしても、いつも同じメニューだと飽きてしまいます。
しかし、ここはやはり犬(ネコ)と人、動物と人では大きな違いがあるんです!

動物にはその動物ごとの食性が決まっています。
ドッグフードとキャットフード、見た目はとてもよく似ていますが、
そもそも犬は雑食、ネコは完全肉食の動物で、当然、フードの組成も
それに合わせて作られています。

つまり、犬には犬用の、ネコにはネコ用の正しいフードを与えることはとても大切なんですね。

では、犬(ネコ)用なら今日はA社のフード、明日はB社のフード、といった風に
毎日変化を持たせた方が良いのでしょうか。

ここは考えどころです。

実際数種類のフードを取りそろえたり、色々なトッピングで変化を付けて食事を
与えている飼い主様もいらっしゃいますが、そうやって手を変え品を変えとやっている
わんちゃんやねこちゃんほど、食べ物においては苦労が出てきているように思います。

つまり!変化がある事で、犬やネコたちが、自分の好みを認識して、
好き嫌いの主張を始めてしまうんですね。
これは問題です。

そもそも食事は、飼い主様と動物の健全な関係を保つためにとても大切な
ツールであり、儀式でもあります。
そこが壊れてしまいかねない事態になってしまいます。

体調がすぐれず食欲がいない、もともと極端に食べが悪くて痩せてしまっている
というようなケースでは、なんとか食べるように持っていくため、食事を工夫するのは
とても大切です。
しかし、わんちゃんやネコちゃんのワガママを助長させてしまうようであれば
いろいろ与えるのはちょっと良いこととは言えませんね。

人もおかずはともかく、主食の白米に飽きちゃったという方はあまりいらっしゃらないと思います。
わんちゃんネコちゃんも体に良くて美味しい主食をあげてくださいね!



スタッフ日記一覧ページに戻る