お知らせ

お知らせ

2020.04.10

(重要)愛知県の緊急事態宣言による診療の一部縮小と変更

緊急事態宣言を受けて当院も以下の通りに診療の一部縮小と対策を行います。

 

①来院時には院内での感染の予防を目的として以下のことをお願いします。

 ・ペットに同行するのは原則的に健康状態の良好な成人の方一人までとします。

 ・来院される時は必ずマスクを着用してください。

 ・来院されたら、まず最初に手指の消毒を必ずおこなってください。

②飼い主様の来院回数をなるべく少なく済むように、以下の対策を取ります。

 ・継続治療中で、症状が安定している場合は、診察無しで、内服薬の処方のみとします。(薬の処方を希望される場合は来院前にお電話ください。)

 ・日常ケア(爪切り・肛門腺処置など)のみの診察はお受けできません。

 ・フィラリアの血液検査は、緊急事態宣言解除後まで見合わせます。

補足1)フィラリア予防薬は、昨年度の予防をしっかりされている場合には、検査前であっても予防薬を処方します。

補足2)昨年度、フィラリアの予防が途中まで、もしくは内服していない月が多い場合は、予防薬を処方しかねますので、解除後、血液検査で確認してからの処方となります。

 ・狂犬病予防接種と混合ワクチンの接種は解除後に延期とします。

補足)狂犬病は年度内の接種であれば遅れても全く問題ありません。混合ワクチンは1~2カ月の延期で急激に抗体価が下がることは考えにくく、その程度の延期であれば許容範囲内と考えます。

 

この他、何か不明な点がございましたら、当院までお気軽にお電話ください。

 

人命がかかるこの非常事態において当院としても感染拡大を少しでも防ぐことができるよう最大限対策をして、日々の診療にあたって参りたいと思います。

皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。皆様のご健康を祈りつつ、新型コロナウイルスが早く終息する事をスタッフ一同、心より願っております。

横井

最近の記事オススメ記事

カテゴリー

PAGETOP