掲載日:2018/02/21

フードとウンチの話


こんにちは!獣医師の横井(嘉)です。

我が家の愛犬ハノンはそうひどくはないのですが、ずっと皮膚にかゆみがあり、
かゆみ止めのお薬が手放せません。
少しでも治療の助けになるように、ドッグフードも皮膚に良いものを選んで与えています。

いろいろ試していると、かゆみの状態もそうですが、ウンチの様子もフードによって随分違ってくるのが興味深いですね。
むしろその差は、かゆみよりもウンチのほうが顕著です(^_^;)

ウンチなんてお腹を壊さなければ多少硬い軟らかいなどの違いがあっても良いのですが、
前回使っていたものが、ぽろぽろウンチが無数に出て、すこし大きいものでもすぐに崩れて粉々になってしまいました。
ささっと片付けられず、なるほど、ちょっと面倒だなぁ、同じ効果ならもうちょっと片付けやすいウンチの方が歓迎だわ、
などど思ってしまいました。(なんだか汚い話題ですみません。)

同じ効能をうたったフードでも、細かいところは使ってみないとわからないものですね。
もし、持病(慢性疾患)をもっているわんちゃんやネコちゃんで、
治療食を食べさせてみたいという方がいらっしゃったら、物によっては何種類かのサンプルをお渡しできますので、気軽にスタッフまでお尋ねくださいね。


さて、ついでに我が家であったちょっと面白い話。

2歳の娘はNHKの「おとうさんといっしょ」に出てくる「せいやくん」がお気に入り。
女の子って本当におませでびっくりしてしまいます。

そこで昨日、院長が
「おとうさんとせいやくん、どっちがかっこいい?」
とおそるおそる聞いてみたところ、娘はすっごくはにかみながら、
「・・・せいやくんが・・・かっこいい・・・」
がっかりした院長。
「そうか、しかたないよね。おとうさんとは親子くらいの年の差だもんね。わかるわかる。」ですって。
親子くらいの年の差!そりゃそうでしょうよ!本当の親子なんだから・・・。



スタッフ日記一覧ページに戻る